更新状況

9月 24

秋の大連休最終日(9月23日)、久々にソロツーリングを敢行。(いつもの如く寝坊でスタートは7:30・・・)
仕事絡みでネガティブ思考のスパイラル状態に陥り、かつ妙な睡眠感覚になったので、一時でも忘れ体を酷使すれば、脳も体もリフレッシュされるだろうと思い立ち、朝起きていきなり敢行。
あまりこのような精神状態で運転するのは良くないと自覚しているのだが、秋の大連休最終日と交通安全週間中ということもあり、渋滞に巻き込まれたら流れに任せのんびりと行こうかと思いきや、案外下道はすいておりました。皆さん、高速道路をお使いなんでしょうなぁ~。

今回も、秩父-十石峠の武州街道経由なのですが、前回は十石峠が工事のため行き止まりで南牧村経由の回り道を強いられましたが、今回は工事も終わり、無事国道299号を突っ走り、八千穂からメルヘン街道へ。
メルヘン街道を上って行き、八千穂高原あたりから妙に肌寒いし、霧が出てきた。そのまま走り、全国道で2番目の標高地点というところでは、既に吐く息が白いじゃないですか。
「今9月だよね、というか、息が白いって何度なんよ・・・」
で、そこで撮った写真がこれ。

草麦峠

草麦峠

「さすが標高2,000m、下界とは雲泥の差ですな。年寄りにはきついわ」
で、あまりにも寒いので休憩もほどほどに下ることに。その時の写真がこれ。

霧で前見えません・・・

霧で前見えません・・・

そういえば、前方に練馬ナンバーのBMW R1200が子連れタンデムで走っていたんですが、ほほえましいなぁ~なんて思う今日この頃。が、しかし、だいぶ前にバイク屋の店長が遠い昔を思い出すような目で曰く、
「後ろで寝るぞ」
「怖っ」
閑話休題、

後ろにコーナーが・・・

後ろにコーナーが・・・

まだお昼でこの暗さ・・・

まだお昼でこの暗さ・・・

厄介なことに、この霧、コーナーが直前まで分かりません。そして、見た目は霧そのものなんですが、その中に突っ込んでいくようなものなので、「霧雨」状態になりさらに視界悪化。さてどうしたものか・・・と思案していると、運良く車が下りてきたので、これ幸いと思い、車のテールランプを目安に追走。が、車のお方、ウィンカーを出して、「お先にどうぞ」の合図。「車間距離詰めてないし先行っていいのにぃ~」と思いつつ、横を通過して挨拶。う~ん、また一人旅・・・。そういえば、途中道路の外れに、キツネがひょっこり顔を出したので、カメラに納めようと止まったら逃げて行っちゃいました・・・残念。

本来は、諏訪湖を目指す予定だったが、いつもの如く寝坊したので、行き先を急遽変更し、白樺湖へ。
途中ビーナスラインを走っていると、とうとう霧から雨へ。
「よせばいいものを・・・」
とお思いでしょう、はい、当方も思いました、学習能力0です。
この辺で昼飯を取ろうかと思ったのですが、この天気と喧噪でのんびり出来そうになかったので、コンビニで暖かい缶コーヒーを買って一気に飲み干し、下界の暖かいところまで下ることに。
茅野市内で適当なそば屋を見つけて、そば定食(1,050円)を食べてちょっと一息。
さて、ここからは20号を突っ走るだけで、大垂水峠から先の渋滞もなく、18:30に帰宅。
この日の夜は、珍しくぐっすりと寝たようで、目覚めすっきりでした。商売柄、机にべったりと張り付きっぱなしでほとんど出歩かないので(数十歩/日ってなことも)、体と心のバランスが崩れていたようです。

これからの季節、この方面へ行かれる方、厚着できる準備をして行った方がいいです。
寄る歳には勝てず、アンダーウェア(聞こえはいいが、ババシャツ、股引)が非常に恋しくなった当方でした。

本日の走行距離:約430 km
総走行距離:12,700 km(もうそろそろオイル交換だ・・・)

帰り道、白バイがとんでもない運転をしていたので公開してみます。
17:00ちょうどくらいに高尾警察署前を通過したんですが、そこから出てきた白バイ(八王子C5xx7)、赤の回転灯を回していないのに、急加速して黄色信号(ほぼ赤のタイミング)を躊躇せず速度超過状態のフル加速で通過するわ(後ろから見ていたらブレーキランプつかなかったし、当方は止まったのですが、その白バイ、フル加速で点になりました)、交差点内で車線変更するわ、やりたい放題。誰を追っているわけでもなく、信号のタイミングで追いついたので様子を見ていたらガソリンスタンドに入っていった。交通安全週間で各交差点に警察官がいたのだが、皆さん苦笑い・・・。いいのかそれで?近くに子供が信号待ちしているのに。
たとえガス欠になって緊急追尾が出来なくなったとしても、組織で動いているんだろうし、もしガス欠で始末書書かされるのがいやでそんな運転が許されるのであれば、「警察24時」の「おしっこ漏らしそうなスピード違反の若造」と大差ないわけで、それこそ、逸脱した権力行使と思われ。そんなやつのガソリン代も税金から垂れ流されていると思うと、国民として恥ずかしいとしか言いようがないですね。あぁ~情けねぇ~。

written by hiro \\ tags: , ,

7月 19

奥多摩・丹波山村にある温泉に久々に日帰りツーリングがてら行ってきました。今回は仕事関係の方と一緒でした。この方実際は、当方がSOHOで仕事をする前に努めていた会社の社長さんです。今はある製品の営業と技術・サポートいった役割分担だったり、他の開発系のお仕事をさせてもらってます。
今回は、打ち合わせも兼ねたツーリングを敢行した次第です。
10時ちょっと過ぎに、福生・16号沿いのセブンイレブンを出発し、秋川・武蔵五日市~檜原街道~奥多摩周遊道路~小菅~丹波山村のルートでした。
ちょうどお昼時に到着し、まずはキャンプ場にあるそば屋さんで盛りそばを食べて、その後温泉へ移動。(当方、丹波山村で作られているそばが結構気に入っていて、年に何度か食べにふらっと出かけたりします)
温泉に浸かった後、大広間で仕事の打ち合わせ・・・w
会社は川崎にあるんですが、我々ほとんどそこにはおらず、外に出て(私は自宅で)仕事をしているため、今回のようなイベントや、お客さん先でのミーティング等で顔をあわせたタイミングで細かな打ち合わせをしなければなりません。(電話やメールでの打ち合わせ内容の確認や伝えきれない事項等々)
「温泉の大広間」ってどうなのよ・・・って話もありますが、案外頭も体もリフレッシュされているので、すいすい事が運びました。(我々だけが変なのかも知れませんが)
で、これが温泉駐車場でとった写真です。

丹波山村温泉駐車場にて・・・YAMAHA WR-250WとDR-Z

丹波山村温泉駐車場にて・・・YAMAHA WR-250WとDR-Z

丹波山村温泉駐車場にて・・・DR-ZとWR-250W

丹波山村温泉駐車場にて・・・DR-ZとWR-250W

14:30過ぎに重い腰を上げて出発。柳沢峠経由で勝沼へ抜け、「デラウェア」と「桃」を購入して帰路へ。立ち寄ったところは、411号沿いのお店で、試食を勧められたので遅い食後のフルーツって感じでした。

その後は、渋滞が待ち受けているので、安全なすり抜けキャノンボールと必然的にあいなり、八王子まで。
八王子で分かれて、私は20号バイパス~20号~東八道路へ。途中yukiから頼まれていた31アイスクリームを買って無事18:30、自宅に到着しました。

温泉に入って「お肌すべすべ」だったのに、下界に下りてきてこの暑さでまた汗が・・・。ちょっと損した気分ですが、リフレッシュ出来たので良しとしましょう。


071909 ツーリングマップ(奥多摩周遊道路迂回地図)

written by hiro \\ tags: , , , ,

7月 06

モトショップ単駆の店長さんから、5日に筑波サーキットでSUZUKIの試乗会があるよ~との連絡を受け、お店の常連さんと行ってきました。このイベント、ABS車が試乗できることと、北川圭一さんの講習会が短時間ではあるが受けられる。今回は、筑波サーキットのオーバルコースを使った試乗会で、濡れた路面で急制動を行いABS制動を体験するという、通常の試乗会ではあまりない状況下での試乗とあいなりました。
試乗会に用意された車種は、下記の5車種。

  • Bandit 1250S ABS
  • Skywave 650 LX
  • GSR 400 ABS
  • Skywave 400 リミテッドABS
  • Skywave 400 タイプS ABS

で、バイクに乗っていること自体Mだと思うのだが、ごく一般的には急制動を好むドMライダーはいないと思われ、また滅多に行う行為ではないため、結構皆さん静々と急制動をしていました。が、うちのメンバー、明らかに皆さんとの急制動ポイントへの突入速度が違う・・・。あえていうが、

「あんたら、真性ドMだわicon_wink.gif

まぁ、かくいう当方は突入速度、65~km/hくらい。
感覚的には確かに、「ガコッガコッ」と車輪が回っている感覚が伝わってきました。当方が乗っているDR-Zと方向性が違うので比べものにはならないが、ハードブレーキでタイヤが横にスライドしない(乗車位置にもよるでしょうが)安心感があります。この安心感を得てしまうと、ABSの無い車に乗れなくなっちゃいそうですねぇ~。それがメーカーの狙いでもあるのだろうけれど。
で、その時のオーバルを走っているときのスナップ写真はこちら。(ごめん、ご○○ちゃん、一部フレームアウトしちゃった)
写真をクリックすると、大きく表示されます。

2009_070501 2009_070502 2009_070503
2009_070504 2009_070505

試乗会は、午前・午後と2回行われたのだが、その間2時間ほど北川圭一さんによる講習会が行われました。内容は、8の字走行、パイロンスラロームとその組み合わせ走行でした。で、場所がオーバルなので、そうです、カント角がついているんです。急な角度ではないんですが、慣れるまでは低速での方向転換で下に向かって体重をかけるのを躊躇ってしまいます。なので、最初のうちは8の字で「ぎくしゃく」。でも、慣れというものは怖いもので、5,6周すると、リアブレーキで速度調整しながら、体重移動でくるり。その後、スラローム、オフセットスラロームをこなし、上半身の力も抜けカントも気にせず走ることが出来ました。

短い時間でしたが、数十年ぶりにこの感覚を味わい、また苦手なところの再認識が出来たので、やはり定期的な基本動作確認の必要性を再認識させられた思い。
ところで、うちの連中、タイヤの縁まで使ってたけど、気合い入ってたのね。
その後の試乗会に昼飯も食わずに参加しているところを見ると、つくづく、

若ぇなぁ~

と。
当方は、暑さでへろへろ、午後の試乗会は観覧してました。(アラフォー40過ぎには・・・以下略)
まぁ、落車、怪我もなく無事終わり、お疲れ様でしたicon_lol.gif

最後に、今回声をかけてくれた単駆の店長さん、開催して頂いたSUZUKIさんとスタッフさん、講習して頂いた北川圭一さん及びに講師の皆さん、ありがとうございました。また、一緒に参加された皆さん、お疲れ様でした。またどこかでお会いしましょう。青いトップケースをつけたDR-Z見かけたら多分当方でしょうから声かけてくださいな。

安全運転でバイクライフを楽しみましょう、ではでは。

written by hiro \\ tags: , , ,