7月 03

我が家のマシンたちは、ほぼESXi上で動いているのだが、残っていたのがドメインコントローラ(ActiveDirectory)。このADは仕事用でサーバ系アプリの試験用に必須なため最後まで物理サーバとして鎮座していた。物理マシンである必要性もないため、今回VMware ESXiのゲストとして移行することにあいなりました。

物理(Physical)から仮想(Virtual)へ移行するにあたり使用するアプリケーションは、「VMware vCenter Converter」なる代物だけ。使い方は至って簡単。まず、

  1. 上記リンクへアクセスし、アクティベーション後Windows用なりLinux用なりのインストーラをダウンロードしてきます。
    今回はWindows用です。
  2. このアプリケーションを移行元の物理マシンにインストールします。
  3. 「Convert Machine」ボタンをポチッとクリックします。
  4. コンバート元(今回はこのアプリケーションをインストールしたマシン)とゲスト名を選択/入力します。
  5. 作成される仮想イメージの転送先(今回はESXiサーバ)を指定します。
    途中オプションで、VMware Toolのインストール可否とイメージの自動起動等の設定が出来ます。
  6. ウィザードで設定を完了します。

後は勝手にごにょごにょ処理が開始されます。で、こいつの偉いところは、元についているディスクの空き領域は勝手にスキップします。なので、使用量が少なければ少ないほどコンバート時間が短くなります。コンバートコンプリートとなったら、無事ESXi上に転送されたゲストOSがあるはずです。これで、コンバート処理は終わりです。

次は物理マシンを落とし、コンバートされたゲストOSを起動(コンバート時自動起動選択可)すると、バックグランドでごそごそなんか動いていますが、指示に従います。あとは、ネットワーク設定(初期はDHCPのようです)を行えば晴れて移行は終了です。

さぁ、これでだいぶ電気代の節約に貢献しているはずなんだが、今年の夏、この仕事部屋からエアコンの音が聞こえてくることはあるのだろうか・・・

ほほぉ~、エアコンを動かしたいってか、何のために仮想化したのかな、君は

と聞こえてきそうである・・・_| ̄|O

written by hiro \\ tags: , , ,


Leave a Reply

*